Menu

ひざの痛み・坐骨神経痛

Home
平塚の整体 リリーフカイロプラクティック
平塚駅北口より徒歩約3分
住所 神奈川県平塚市宝町9-10 パインビル2F
電話番号 0463-86-6775
受付時間 9:30~13:00 / 15:00~19:00
(19:00以降の御予約も可能です)
休業日 日曜日、祝日、他
(平日に不定休があります)
平塚の整体・カイロならココ!
痛みと症状

ひざの痛み

まだこんなことを言われてませんか?

膝が痛い原因は、
   歳だから
   体重が増えたから、太っているから
   軟骨がすり減ったから
   運動不足だから
   姿勢が悪いから

【ひざ痛の分類】
膝関節の痛みを大きく分類すると、
① 靱帯損傷や半月板損傷などの外傷性の急性期の痛み
程度にもよりますが、外傷性で「大きな怪我」や「強い痛み」の場合は、速やかに整形外科などでの画像診断等の検査を受け、損傷状態を明確にした上で必要に応じた治療を受けて下さい。
(骨折・靱帯断裂・半月板損傷など)


外傷性のケースでも、急性期の適切な処置後、カイロプラクティックを受けていただくことによって、より早い治癒、より完全な治癒が望めます。


②靱帯損傷や半月板損傷など、
    外傷治癒後の後遺症的な慢性症状
③捻挫などの損傷がない運動痛
④階段や歩行時の慢性痛(腫れ、水腫を含む)

◆過去に捻挫などで痛めたまま関節やその周囲のケアをしていない場合
◆ランナー膝、ジャンパー膝などの運動系障害、少年期の運動痛(オスグッドシュラッター)
変形性膝関節症、ベーカー膿腫など 水が溜まったり、腫れを伴うことも含め、「歳のせい」「軟骨がすり減っている」などと言われることが多い症状です。
 ②、③、④の症状にはカイロプラクティックが、とても効果的です。


⑤感染症などによる痛み
⑥リウマチ、痛風などの痛み

 ⑤,⑥の疑いがある場合は、医療機関にて血液検査などの検査が必要です。
※来院時に、こちらで画像検査や血液検査などの必要性を判断した場合は病院の受診を優先していただきます。
【ひざの構造と仕組み】
・ 膝の関節は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)のつなぎ目にあり、前面に膝蓋骨(お皿)があります。
・ 膝を曲げたり伸ばしたり関節を動かすのは、周りの筋肉が伸びたり縮んだりする運動で可能になります。
・ この時お皿の骨は、筋肉の働きを助ける役割をします。
【ひざの慢性痛】
●筋肉の働きが低下した状態では、「膝関節の運動」や「関節の維持」に支障が出やすくなります。
●膝や脚の筋肉は、腰・仙骨の神経支配下にある筋肉なので、腰や骨盤との関連があります。
●逆に膝へ多くの負担や疲労が生じると、膝だけではなく求心性の作用による腰部への影響が
 出やすくなる相互関係にもあります。(外傷後に適切なケアをした方が良い理由でもあります)
【ひざに水が溜まる主な理由】
●膝関節への圧力などで、滑膜が刺激され炎症を起こし滑液が必要以上に分泌されてしまうため
●関節を支えて動かす組織(主に筋肉)での機能が低下し関節の状態に異常が起きると、
 自ら治そうとする力が働き体液を集めるという「防御反応」として関節に水を溜める
神経系の働きが低下したことで、筋肉や腱が負担に耐え切れずに炎症を起こし、
関節を正常に保てなくなって痛みが出るのです(筋炎、腱炎、関節炎、滑液包炎・・・)

筋肉の機能を取り戻し、関節の状態を正常にするためには、神経系の機能を整える必要があります。>

坐骨神経痛

坐骨神経の走行に沿ったところに痛みが出ます。
お尻から大腿部後外側を走行する坐骨神経ですが、もとは主に腰神経(L4,5)、仙骨神経(S1,2,3)からの神経が束になったものです。
従って、必ず併発するわけではありませんが『腰痛』や『でんぶ痛』との関連が強く、少なからず腰の状態をケアしていく必要があります。
平塚の整体 リリーフカイロプラクティック