めまい

突然起こるめまい

突然起こるめまい

言語障害、意識障害を伴う激しいめまいは、まず医療機関で検査を受けて下さい

 

脳血管や腫瘍などの重篤な状態でなければ、カイロプラクティックの施療で改善することが十分期待できます!

主なめまいのタイプ

回転性のめまい

回転性のめまい

目が回る、天井が回る、周りの景色が回る・・・など

≪関連症状≫
難聴、耳の閉塞感、耳鳴り、吐き気、 メニエール病など

浮動性のめまい

浮動性のめまい

フワフワと浮いている感じがする、まっすぐ立っていられない・・・など

≪関連症状≫
頭痛、顔面のしびれ、手足のしびれ など

起立性のめまい

起立性のめまい

立ち上がった時に立ちくらみする、目の前が暗くなる・・・など

≪関連症状≫
高血圧、低血圧(起立性低血圧)、不整脈、低血糖、貧血・・・など

要因別でのタイプ

耳に起因するもの

耳の構造

 

●良性発作性頭位めまい症

●メニエール病

●突発性難聴

●前庭神経炎

●中耳炎(内耳炎)

脳に起因するもの

脳の構造

 

●脳血管(梗塞・出血)

●血流不全(椎骨脳底動脈循環不全)

●腫瘍(聴神経腫瘍)(脳腫瘍)

その他

その他の要因

●高血圧、低血圧  ●不整脈

●低血糖症  ●薬剤の副作用

●心因性

めまいへの対応

アクティベータメソッド

では、どう改善させていくのか!?

まず、もう少し原因を探るためにも眼振(眼球の揺れやぶれ)、眼球の動きなど簡単な検査を行います

施術後の変化をみるためにも効果的な検査です

そして施術は、神経バランスを整えるのに最も適したアクティベータメソッドによって身体全体の基本的なバランスを整えていきます。

アクティベータメソッド・カイロプラクティックは一項目ずつ専用の検査をしながら施術を行っていくメソッドです。

特に頚椎や、場合によっては顎関節などのケアもしますが、その必要性は勘に頼るものではなく検査をした上で決定していきます

心身条件反射療法

多くのケースでは、この時点で改善がみられます。

しかし何らかの原因で自律神経が緊張状態にあると、その機能が十分でなくなる影響を受けて耳の働きが低下し、めまい等の症状を引起こしている場合があります

場合によっては、自律神経の緊張パターンをリラックスパターンへと切り替え、耳が上手く働けるよう必要に応じたメンタル系(感情やストレス)の施療も行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加