自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経とは、神経系の末梢神経に属する神経で、交感神経と副交感神経の2種類で成り立ち、常に私たちの体の中で無意識に働いている神経です。

寝ても覚めても、循環、消化、吸収、体温調節、排泄・・・などを休まず機能させています。

そして、そのバランスが体調や免疫力、病気や痛みなどのキーマンとなっています。

交感神経

運動したり、仕事をしたり、主に活動的な場面で優位に働きます

アドレナリンというホルモンを分泌し、脈を早め全身の筋肉に大量の血液を送ります

副交感神経

休息や睡眠、食事をしているときなどに優位に働く神経で、アセチルコリンというホルモンを分泌し気持ちがリラックスし、脈もゆっくりとさせ内臓の血流も良くなります。

 

自律神経の作用

人の身体には、環境や状況に応じて体内の状態(体温や血圧など)を一定に保つ能力を持っています。
この能力(ホメオスタシス)のスイッチを切り替えているのが自律神経です。

ですから状況に応じて無意識のうちに自律神経によって、交感神経と副交感神経のバランスを調節させて生きているわけですが、逆に言えばこのバランスは自分の意思ではコントロールできないのです。

そしてバランスが崩れ、体調を崩した状態、症状が現れている状況を、自律神経失調症といいます。
特に内臓など体に異常は無いけれど、交感神経と副交感神経のバランスが崩れて様々な症状が出ている状態です

自律神経による症状

交感神経優位

まずは無理をしたり、悩んだり、怒ったり、悲しいことがあったり、イライラしたり・・・こんな状況下だと交感神経が緊張し優位に傾きます。

身体へのストレスや心へのストレスによる刺激に対し、自律神経が防御反応として過剰に働き一方へ傾いてしまいます。

すると、心拍は早くなり、動悸がしたり、血圧は上昇して食欲は低下といった状態になります。

この状態が続くと、粘膜や組織に障害が起きて体調を崩します。
血流が悪化し、筋肉は硬くなり、コリや痛みも起こしやすくなります。 また、免疫力が低下して発病しやすい状況が出来上がってしまいます。

 

交感神経優位

副交感神経優位

そして体はバランスを取ろうと副交感神経を優位にしようと働きますが、

これが行き過ぎると今度は副交感神経の過剰反応として神経が過敏になり過ぎ、だるさや痛み、腫れや発熱、下痢やせき、アレルギーなどが起こります。

 

 

自律神経を整えます

外的な刺激(心・身さまざまなストレス)に対して作られる、身体の緊張パターンをリラックスパターンのスイッチへと切り換え、交感神経と副交感神経が調和するようにバランスを整えていきます。

 

バランスが整うことによって、外的な刺激に対抗するのではなく受け流せる状態になっていきます。

生活の中で見直しをする必要がある場合については、可能なことは改善していただけるようにアドバイスをします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加